1. ホーム >
  2. 消火システム >
  3. 水消火設備 >
  4. スプリンクラー設備

スプリンクラー設備

閉鎖型スプリンクラー設備

室内の天井面にスプリンクラーヘッド(放水口)を一定間隔で配置するところからスプリンクラー設備と称され、一般建築物(百貨店、オフィス等)の火災をスプリンクラーヘッドにより自動的に感知放水し、消火を行うシステムです。初期消火の確率は高く、永年信頼されている設備です。ほとんどの百貨店、遊戯場、工場、倉庫、地下街などに設置されています。

フロー図 閉鎖型 閉鎖型 動作フロー
  • スプリンクラーヘッド(閉鎖型)

    ダウンロードページへ

    スプリンクラーヘッド
    (閉鎖型)

  • 感熱部の可溶性金属が高温(通常72℃または96℃)により溶け開口し散水します。水を拡散するデフレクター部は下向、上向、側面型があります。

  • スプリンクラーヘッド(閉鎖型)

    ダウンロードページへ

    スプリンクラーヘッド
    (閉鎖型)

  • 感熱部の可溶性金属が高温(通常72℃または96℃)により溶け開口し散水します。水を拡散するデフレクター部は下向、上向、側面型があります。

  • 流水検知装置

    ダウンロードページへ

    流水検知装置

  • 配管内の流水をキャッチし、圧力スイッチを作動し、警報およびポンプ起動等の信号を発する装置です。

  • 末端試験装置

    ダウンロードページへ

    末端試験装置

  • 閉鎖型設備で規定の放水性能の確認、流水検知装置の作動を試験する装置です。

  • 電子サイレン

    ダウンロードページへ

    電子サイレン

  • 流水検知装置が作動すると圧力スイッチが作動し連動して警報を発します。

  • 送水口

    送水口

  • 消防自動車等から消火設備への送水接続口として使用します。

  • ▲ top of page